消費者金融の信用情報

キャッシングを始めるとき事業融資 即日審査があり、審査は申込書や信用情報機関のデータから融資をしてもよいかどうかの判断をしますが、この信用情報とはどういったものなのでしょう。
信用情報機関は銀行、信販系・クレジット会社と消費者金融に分類され、消費者金融は「全国信用情報センター連合会(略称:全情連)」に加盟しています。
個人信用情報は個人に関する、支払情報や属性情報が記載されています。
支払情報は現在利用しているローンやクレジットカードに関する契約内容や、過去・現在利用しているローンやクレジットカードの利用状況と返済状況、現在申し込み中のローンやクレジットカードの内容、債務整理をしたことがある場合はその内容、公共料金、携帯電話機種代金などの支払い状況といったローンやクレジットに関する情報がすべて記載されています。
属性情報は個人の住所や氏名、年齢、電話番号、勤務先、年収などの情報が記載されていて、支払い情報と属性情報は一緒に記載されてます。
審査は申込書の記載内容や、信用情報機関のデータをもとに申込者の返済能力を確認するのですが、信用情報機関の個人情報から借入状況や返済状況をもとに判断するので返済過程で遅延などを起こしていなければかえって信用度があがり、融資を受けられる可能性が高くなると言われています。
信用情報は他社とも共有しているので、1カ月以内に3社以上で融資を申込をしたときは申込ブラックと呼ばれ、融資を受けることがきびしくなるので注意が必要です。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment

キャッシング枠を増額したい!!

もっとお金を借りたい……なんて時に思い浮かぶのは、キャッシング枠の増額ですよね。申請方法自体はそれほど難しくないのですが、その後の審査がクセ物なのです。
増額の申請をする際にも、新規の時と同じように審査があるのをご存知でしたか?実は、このキャッシング枠の増額のカードローン 即日審査は、かえって新規の審査より、面倒だったりするようです。
増額の審査基準も、新規申込時の審査基準と基本的には変わりません。個人信用情報を照会して、利用履歴が健全かどうか、他社借入状況などをがチェックされます。また増額の希望額によっては源泉徴収票や給与明細といった収入証明書を必要とする場合があります。
最近では、この収入証明書の提出を要求されるケースが多いようですね。 まず、収入のない者にはお金を貸すことはできないというわけです。
増額できるかどうかの条件としてはまず利用実績が良好であることです。過去にどのような借入をして、それに対ししっかりと返済していたかという部分がみられます。ここで一日でも返済が遅れるなどという延滞があればそれだけでアウトです。逆に、利用回数が少ないのも不審がられるようです。
他社借入についても入念にチェックされます。複数の貸金業会社との契約そのものが審査においてはマイナス要素となります。同時期に複数の会社からの借入が見つかれば、その時点で申請の受理はされないと思った方がよいでしょう。
また、総量規制というものがあり、昨今ではその規制によって、いくら増額したくてもできない人たちが増えているとも言われています。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

アコムのキャッシングなら35日ごとの返済を選択

消費者金融の中でも人気のあるキャッシングがアコムです。
30日間無利息サービスも定番化したこともあり、今では人気キャッシングランキングではどこのサイトでも上位に食い込んでいます。
銀行カードローンが人気を占める中でプロミスとアコムの人気は非常に高いことがわかります。
キャシングをするときには申し込み方法、契約方法、融資限度額も気になるところではありますが、返済もしっかりと考えて比較しなくてはなりません。
申し込みは一度限りのものですが、返済は完済するまで続くものです。
一回で完済ができればよいものも、多くの場合にはその回数は複数回に及ぶことでしょう。
だからこそ返済はどのような方法があり手数料はいくらかかるのかを重点的に見ていかなくてはなりません。
一般的には返済は月に一度、決められた日に返済をすることになります。
その日以外であれば返済日前14日から当日までの2週間が当月分の返済として扱われ、それ以前の返済は前月分の返済に充てられます。
返済をする日に気をつけなければ利息節約のためにと前倒しで返済をしておきながらもう一度同じ月に返済をしなければならないということもおきかねません。
アコムでは月に一度の返済のほか、「35日ごとの返済」という期日設定もあります。
お勧めできる返済期日設定です。
初めての借り入れから数えて35日目が返済期日、その後は返済をした日から数えて35日目が返済期日となっています。
ただし、その35日の間であればいつ返済をしても自由です。
返済をした日から35日間がまた返済可能日となります。
35日目というとわかりにくいかもしれません。
返済をした日から35日以内が返済できる日になっています。
そのため月に一度、例えば25日を返済日としておくこともできますし、10日に返済をして余裕があったから15日にもまた返済をするということも自由です。
35日という範囲の中であれば自由に返済ができる、それがアコムの返済期日設定です。
また35日ごとの返済を選択することがアコムで30日間無利息を適用させる条件にもなっています。
賢いキャッシングをするのであれば返済方法だけではなく期日設定にも注目してみましょう。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment

カードキャッシングの金利とは?

金融機関でお金を借りると、利息を加えて返済を行わなくてはいけません。
貸金を営む業者の利益の元は、利用者からの利息収入なのです。
即日融資の利息の計算には、商品ごとに異なる金利について理解しておく必要があります。
カードでキャッシングを利用する場合には、金利がいくらになるのがか気になるところでしょう。
通常、キャッシングの金利は、「年利」で計算されます。
「年利」とは、1年間借りた場合、借入元金に対してどれだけの割合の利息になるのかということです。
例えば、100万円を金利(年利)18.0%で借りた場合の1年間の利息は
100万円×18.0%=180,000円となります。
キャッシングの返済は、普通1ヶ月(30日)単位で行われますので、最初の1ヶ月(30日)にかかる利息は
100万円×18.0%÷365日×30日=14,794円となるわけです。
毎月の返済金額が元利均等返済(元金+利息の返済金額が毎月一定額)で2万円の返済だとすると、初回の返済内訳は
元金:5,206円+利息14,794円=20,000円となり、この返済により、借入残高は
100万円ー5,206円=994,794円となるわけです。
返済方式や返済方法は、各会社や商品ごとに異なっていますが、基本的な考えはこのように説明できます。
カードキャッシングの利用で一番大切なことは、きちんと返済を続けることです。
その為には、いくらの返済をどれだけ続けるのかを確認する必要があります。
各社のホームページでは、金利計算のシュミレーションなどを行うことができますので、上手に活用していきましょう。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

大手消費者金融のアコムの設立について

「はじめての〜アコム〜♪」のCMでお馴染みの大手消費者金融のアコム。今や、お金を借りたいカードローンと言えば、「アコム」と言われる程、知名度も抜群です。
このアコムの社名ですが、由来はご存知ですか?
社名のアコム(acom)は、Affection(愛情)、Confidence(信頼)、Moderation(節度)の頭文字を集めた造語だそうです。
アコムの歴史を簡単にご紹介します。
まず、現会長木下恭輔の実父・木下政雄(1910年)が、神戸の呉服店で奉公した後、1936年4月2日 神戸三宮に丸糸呉服店を創業しました。
さらに1947年ごろから質屋も始め、それが現在のアコムの前身であると言われています。
その後、1978年にアコムが設立しました。
また企業理念は「アコムは人間尊重の精神とお客さま第一義にもとづき 創造と革新の経営を通じて 楽しく豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献する」とあります。この理念の通りアコムは、利用者のニーズに合ったサービスして、業界初の無人契約機「むじんくん」の開発と実用化を成功させています。
因みに冒頭でも紹介した「はじめての〜アコム〜♪」でお馴染みのCMですが、歴代のイメージキャラクタ―はどれも爽やかな女性であることに気付くと思います。こうした女性タレントを起用することで消費者金融のイメージを一掃させたのもアコムだと言われています。
こうした地道な企業努力がアコムを「業界きっての最大手」と言われるほどに成長させているのですね。

Posted in ローン | Tagged | Leave a comment

消費者金融でお金を借りる

お金を借りる方法として、手みじかなところで身内や知人からを考えますが、お金が原因でトラブルという話はよくある話で、消費者金融や銀行カードローンを使えばば、誰にも迷惑をかけずにお金を借りられます。
審査が通りやすく、審査時間も短いことから消費者金融のキャッシングには人気がありますが消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの大きな違いは、消費者金融は貸金業法の総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内と制限をされているため、消費者金融でキャッシングをするときの条件は「安定した収入があること」が必要になります。
融資限度額の制限を受けますが、消費者金融のキャッシングは、小口金融に特化しているためこれまでに積み上げてきたノウハウやシステムを利用して、今すぐお金を借りたい審査に通りやすく短時間で終わるので即日融資が利用できます。
銀行カードローンなどのサイトを見ると即日融資が可能となっているところも多いですが、実際に即日融資を申込んでも審査回答が翌日になったり、融資までの手続きで書類が郵送になっているところもあります。
また即日融資を受ける為には、事前にその銀行の口座を持っていなければならないといった条件を考えると即日融資が可能なカードローンはほんの数社になってしまいます。
サラ金と呼ばれていた時代は、イメージも良くなかった消費者金融も貸金業法の改正以来、金利や取り立て方法などきびしく法律で規制されるようになり、これまでのイメージとちがって、安心してキャッシングができるのではないかと思います。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

おまとめローンのメリット・デメリット

おまとめローンとは、キャッシングを続けていると1社だけの借入限度額だけでは足りなくなり、いつの間にか複数社への借入をしてしまい多重債務になっている人を救済するために、借り換えによって一本化するという商品で、消費者金融や銀行にはこのような商品が数多くあります。
[おまとめローン申し込みのメリット]
「ローンの一本化をしませんか?」というような広告を見たことがあると思います。
「おまとめローン」には多くのメリットが有り、1つにまとめるメリットはたとえば
「毎月の返済日を1つにまとめることができる」ということです。
複数社からの借入をしている場合、それぞれ返済日が違うために常に返済日を気にしなければならない生活が続いていると思いますが、一本化することで返済日を1日にまとめることができるので複数あった返済日を気にすることがなくなります。
また、複数社から借入をしている場合、複数の借入先から利用金利を上限金利で借入れをしていると思いますが、まとめることで利用金利を下げることができたり、新たな返済計画が立て垂れるため、毎月返済額を少なくすることができ、無理のない返済計画が立てられます。
複数社からの借入をしていると、その状況は信用情報機関の個人情報にも記載されるので、どこでいくら借りているかがすべてわかるようになっています。
おまとめローンで借入れを1社だけにすることで信用度が違ってきます。
[おまとめローン申し込みのデメリット]
おまとめローンはメリットとデメリットが相反するところがあり、新たな返済計画で無理のない返済計画が立てられますが、そのために返済期間が長くなり結果的に金利を含めた総返済額が増えてしまうということにもなりかねません。
おまとめローンを使って他社の借入を済ませると、信用情報機関の個人情報には完済したという記録が残され、それを見た他の金融会社から融資枠の増額や、金利を下げますといった案内が届くようになりますが、おまとめローンの契約は返済のみとなっているので他社へ新たな借入をしてしまうと一括返済を求められる場合があります。
おまとめローンを利用するときは、こういったメリット、デメリットを考えて自分にとってまとめるほうが得になるのかをよく検討して申込むことが重要になります。

Posted in 融資 | Tagged | Leave a comment

消費者金融は保証人が必要?

銀行でローンを組むとき、保証人や担保が必要ですが、所得証明書不要 カードローンはお金をかりるときでも保証人は必要ありません。
そもそも保証人を必要とする理由は、何らかの事情でお金が返せなくなったり、お金を借りた人が自己破産してしまったり、行方不明になってしまったときなど、本人から回収不可能のなったときに保証人に支払いを求められますが、よほどのことがないかぎり請求されることはありません。
それに対して「連帯保証人」は、借りた本人と同じ扱いを受ける保証人で、自分が借りていなくても自分が借りたのと同じ扱いになり、仮に借りた本人が遅延などを起こしても蓮ライ保証人になった人に請求されます。
消費者金融や銀行カードローンのようなキャッシングは保証人が不要でお金を借りることができます。
これは申込者本人の信用度を担保にしてお金を貸すので、保証人を立てるということは必要ありません。
キャッシングの審査は、申込書に記入した内容の職業、勤続年数、年収、家族構成、住居形態などや信用情報機関の個人情報から過去の利用履歴や現在の借入れ件数などを入念にチェックし、その人に返済能力があるのか、また融資をしても問題ないかどうかを判断するのです。
消費者金融のキャッシングも銀行カードローンも保証人の代わりに本人の信用度を保証としているので、できるだけ正確に本人が責任を持って払ってもらえる人なのかを判断してお金を貸しているので、審査に通った人は社会的にも信用ができる人と言えます。

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

消費者金融の融資の利用目的は何でもいいの?!

消費者金融を活用するメリットはたくさんあげられますが、その中の一つとしてあげられるのが、その融資の利用目的は基本的に自由である、ということがあげられます。
融資額によっては、○○ローンのように利用目的が指定されているものもあるようですが、ほとんどの場合はその利用目的を消費者金融に告げる必要はありません。
融資してもらったお金は何に使っても構わないのです。
多くの場合、消費者金融から融資を受ける場合には多額の融資ではありません。原則的に、無担保でお金を貸しますので、それほど多くの金額の借入はできません。また、早期完済を好む消費者金融の利子率は銀行などの長期ローンよりも高めに設定されています。自由に融資金を使用することができる代わりに少し利子は高めですが、ちょっと借りてすぐ返すのであれば、消費者金融はとても便利です。
しかし、延滞や滞納には気をつけて下さい。利子が高めなので、返済が延びれば負担はもちろん大きくなります。また1日でも遅れれば延滞は延滞です。督促の電話などは覚悟しなくてはいけません。そして、悪ければ、遅延損害金や一括返済を求められる場合もあります。延滞の回数が多かったりするとブラックリストに載ることもあるそうです。
簡単にお金を借りたはいいが、返せなくなった、では済みません。お金を借りる時には返済のこともきちんと考えた上で借りなければ、後で大変な目に合います。よくご検討されてから借金をすることをお勧めします。>>借入ランキング

Posted in キャッシング | Tagged | Leave a comment

キャッシングの年齢制限

キャッシングは年齢制限があり、金融会社によって多少の違いはありますが一般的には20歳以上69歳未満までで、それ以下でも以上でも融資を受けることはできません。
今すぐお金が欲しいキャッシングで年齢制限を設けている理由として、民法では未成年の保護規定を定めているからで、未成年が保護者の同意なしで契約をしたときは、理由のいかんによらず保護者は一方的に取り消しを主張することができることから、業者は基本的に20歳未満への融資はおこなわないようになっています。
消費者金融の中には未成年の学生向けに学生ローンと呼ばれる融資を行っている業者もあり、学生ローンは収入の面などで条件を満たせば、18歳からでも利用できますが、利用するためには、学生証・在学証明書の提示が必要なことや、バイトなどをして一定以上の収入がなければ審査に通りません。
また上限年齢として69歳に設定されていることが多く、この年齢を過ぎると収入が増えるとは考えられず、同じ収入ならば高齢者よりも若年層のほうが審査に通りやすいと言われていますが、これは若年層のほうが収入が増える見込みが多いからというのが理由のようです。
60歳を過ぎると年金を繰上げて受給することができるようになり、申込書の年収の欄には年金収入と所得を合わせた金額を記入することになります。
貸金業法の総量規制は融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるため、少しでも多くの融資を受けたい時は年金と所得の合計金額を記入すれば、多少なりとも融資限度額が上げられます。

Posted in お金 | Tagged | Leave a comment